スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

カフェ アマル(吉祥寺)



「Cafe Amar(カフェアマル)」

住所   +++ 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-34-2
電話   +++ 0422-23-8877
営業時間 +++ 12:00~24:00
定休日  +++ -
URL  +++ 公式URL
URL  +++ 参考URL





(09.03.16)
やっと再訪。やっとランチ。
ディナータイムに行った前回は
美味しいけど、高いよねという印象だったこちらですが
今回ランチをいただいたらかなーり好印象でした!

頼んだのは日替わりランチプレート。(980円)
今日はエビとほうれん草とココナッツのカレーだって!
そりゃもう組み合わせ見たときからかなり期待です♪
そしてやってきたのはこちら!!
090315lunchcurry1.jpg


090315lunchcurry2.jpg
おおお、この見た目!
そして味!
ぎゃ~!なにこれ、カフェのカレーではないです!
ココナッツで甘いだけじゃない、
おしゃれな具で見た目だけじゃない
ちゃんとスパイスと具材の味が生きた
カレー好きが納得するカレーだよ!これ!!!
エビが少ないのはランチタイムですしご愛敬。
そんなの吹き飛ぶ嬉しい要素として、
豆類が何種かふんだんに入ってます♪
さすがです…!!!
五穀米と併せて食べれば
そりゃもう「ありがとうございました」と
言わざるを得ません^^

そして副菜。
090315lunchcurry3.jpg
グリーンサラダが新鮮なリーフなのは当たり前
わ~、うれしい!
ディナータイムにいただいてかなり美味しかった
ニンジンのガーリックマリネも付いてる!
そしてオリーブ入りポテトサラダ、
ここにも豆とか入っているし、
スパイスも見えますよね^^♪
おざなりじゃない副菜っていうのがうれしい。
こういうサイドに手が込んでいるお店って
味の信用できますよね^^

そんなわけで、ランチはお得度高し!!
またちょくちょく行ってみようと思います^^
はらしょ~!

---

ちなみに今日はたまたまそこしかあいて無くて
なんとブランコ席に座れてテンションあがりました^^
目の前には明るく開ける外の風景。
ゆらゆら揺れてのんびりする午後。
これは最高ねっ♪ (08.06.14)おしゃれで寛げそうな外観に、
前々から入ってみたかったお店。
個人的に行きやすい場所なのに
なかなか行けずに居たんですが
やっと行ってきました~^^

やはり可愛い店内!
家具とか、ちょっとした飾り小物とか、
壁に展示された作品とか
どれも素敵です^^
体に優しいお料理を提供することを
テーマとしているこのお店
メニューを見るとどれもおいしそう…!!!
うーん、どうしようかな、プレートとかお得だな、
野菜も食べたいな♪
えーっと、…
あ、店員さん、カレーおねがいします。(笑)



てわけで頼んだのは
トマトチキンヨーグルトカレー 1000円。
ヨーグルトで柔らかく煮込んだチキンが美味しい
トマトカレーです。
(お店ブログより)

なるほど、これでもか!とトマト味。
チキンもやわらかですねえ~^^(そのまんまかww)
カフェのカレーはトマト味なのが多い気がする。
なんででしょうねえ??
や、おいしいですけど。

クスクスかご飯か選べるのですが
今日はご飯でオーダー。
十穀米はぷちぷちおいしいですね^^

やっぱり野菜も食べたかったので
人参のマリネ(だっけな)も頼む。
ガーリックが利いていておいしかったです。




店の空気がとても良いですね。
長時間ゆっくりしたい感じで。
雨に閉じ込められた午後に
おしゃれな雑誌読見つつ止むのを待って
三時間ほどぼーっとしたいです。^^
うん、いいお店な気がする。

ただ食事の量に対して価格が高めかと思います。
オーガニック野菜とか原価を考えれば
無理もないのかもしれませんね。
おいしい野菜を食べることに
ちょっと(金銭的)ハードルがあるなんて
寂しいことですねえ><
スポンサーサイト
  1. 2009/03/16(月) 14:30:18
  2. カフェカレー
  3. カフェ アマル(吉祥寺)のトラックバック:0
  4. カフェ アマル(吉祥寺)のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inglikedal.blog4.fc2.com/tb.php/173-ec4e764d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。